一枚のカードだけで占う

タロット占いには、様々な方法があります。ケルト十字、ヘキサグラム、ホロスコープなどのスプレッドがありますが、私がよく使うのは、ワンカードもしくはワンオクラルという、一枚だけのカードで占う方法です。
 タロット占いでよく使われているのがケルト十字という方法ですが、これには「過去」「潜在意識」[願望」などを示すカードがあります。他の人に対して占う時にはそれも占うだけのことはありますが、自分自身のことを占う時にわざわざ「過去」や[願望」など分かり切っていることまで占う必要があるのかと、思う時には、より単純なワンカード占いをします。
 ワンカード占いは、シャッフルした後一枚だけめくって占う極めて単純な方法で、初心者の人がタロットカードになれるために使われることも多いのですが、事の結果だけを知りたい時にも使いやすい方法です。
 タロット占いでは、どのようなスプレッドを用いるにせよ、占う前の質問は具体的にしておく必要があります。そうでないとリーディングがしにくいからです。これは特に、一枚だけしか使わないワンカード占いに言えることです。
 もうひとつ、一人占いと言うのは安易になりがちで、注意力を欠いたまま占ってしまったりすることもありますが、電話占いのように簡単な方法だと尚更そうなってしまいがちです。占う時はそうしたことに注意しています。

統計学だけではない占い

私は今まで占いというのは大抵が統計学であり、占いが始まって以来の統計によって形作られていったのだと思っていました。しかし一概にそうとは言えないようです。
例えば占星術などの西洋から来た占いは星の動きや星の位置などによって占っていくのだそうで、そういったものは統計学とは呼ばないそうです。
ただだからといってはっきりとした裏づけや科学的な側面があるわけではないということですが、私が想像するにある程度の根拠というものはきっとあるだろうと思います。
現に改名をしたら運気が上がったとか社名や店名を変えたら売り上げがアップしたなどといったことはよく耳にします。はっきりとした科学的根拠はなくても占いの教えによって、運気が上がったり下がったりということは実際に起こりうる話なので、当たるも八卦当たらぬも八卦とはいうものの当たる確率のほうが高いのではないかと感じます。それにやはり当たらなくては意味がないのではないかと思います。

本物の占い師って?

知人にオーラ占いができる人がいます。
ただその知人は「占いと言うと安っぽくなってしまう」と言っています。
知人いわく、その人から出ているエネルギーを感じてそれを読み取っている「エネルギーリーディング」というらしいです。
そのエネルギーに色がついていて、それが一般的に言う「オーラ」というものらしいです。
そしてそのエネルギーは人物だけではなく、文字として書いた名前からも出ているらしく、氏名だけで鑑定できます。
当然、氏名だけで鑑定した後にその本人に会った場合でもほぼ同じ結果です。
そしてその知人は、「現在の姓名判断は、自分のような文字からエネルギーリーディングができる人が一般の人にもわかりやすくするために、解析・パターン化し、画数でグループ分けしてできたものではないだろうか?」と言っています。
同様にタロットカードからもリーディングできるので、これもまた万人受けするように各々のカードに後付けで意味を当てはめていったのではないでしょうか?
昔、私はタロットカードを覚えようと思ったことがありましたが、この話を聞いて「やはり特殊な能力がある人でないと無理だな」と思う今日このごろです。

占いは極めようとすると奥が深い

占いというのは様々な種類がありますが、そのどれもが一朝一夕では習得できないものです。昔から体系付けられているものであるため、習得するとなると長い時間の勉強が必要になります。
例えば四柱推命や占星術、五行などがそうです。占星術は星の動きや位置を読んで、占う方法です。そのため占いの知識だけでなく、星を読むための天文学の知識というのも必要になってくるのです。
また占星術にはいくつかの種類があります。東洋と西洋では同じ占星術であっても異なる体系が確立しています。さらに星を読むために用いるメソッドやルールによっても占いの結果というものは変わるものなので、占星術一つを極めるだけでも長い年月を要することになります。
占いというのは本格的に学ぼうとするとかなり奥が深いものです。一見するとやっていることは単純そうに見えても、そこには様々な知識やテクニックが隠されているのです。
また占い師は人にアドバイスをする立場でもあるため、占い師自身に豊富な人生経験がなければ、的確なアドバイスを行うことは難しいでしょう。そう考えると占い師という職業は簡単になれるものではないのです。